製品紹介

04/5/29 更新 


タイトル

注意 以下の「ノンフレーム工法」に対応した作業手順と機器の操作説明は、著作権者である日鐵建材工業(株)様より提供を受けて、弊社ウェブサイトのための参考資料として掲載しております(禁複写転用)。ノンフレーム工法についての正規の技術説明ではありません。工法についてのお問い合わせや、実際に機器を用いた現場作業に際しては、必ず、日鐵建材工業(株)様へご連絡のうえ、技術指導等をお求めください。

■ワイヤーロープ連結について

1. 納入仕様

1) 7mタイプのワイヤー長さ
図1
2) 納入時の仕様
図2
2. 連結方法

1) 支圧板設置後、3個の支圧板の円筒部にワイヤーを通す。
上記アイフックA側を、支圧板リブの底板側の切り欠き孔に通す。
同様にして他の2個の支圧板に順次アイフックを通していく。
注) この作業を行う前にビニールテープを外さない。

図3
2) 3個の支圧板に通したワイヤーロープのアイフックAをPSターンバックルA'側に貴入させて若干回転させておく。
3) ビニールテープを外し、アイフックA側のフックとワイヤーロープの間に同封してあるシンプルを取り付ける。
図4

4) 全体の長さ調整を行った後、アルミスリーブをハンディかしめ機を用いてかしめる。

5) この段階で、支圧板を所定の荷重で締め付け、固定する。

6) ターンバックルで緊張させ、余ったワイヤーロープを切断する。

作業写真

次ページ >>