会社概要
会社沿革
昭和 3年
  • 東京都品川区に個人企業として操業開始。
  • 工作機械用汎用チャックを考案し、特許を取得し工作機械アタッチメントとして業界に新風を吹き込む。
昭和18年
  • 精密機械展、特許局発明展に出品し表彰される。
昭和24年
  • 東京都優良発明展に出品し表彰される。
  • 日本最初の国産パイプ切断ネジ切り機完成発売。
昭和28年
  • 精密機械学会より優れた製品開発に対し感謝状を受ける。
  • 東京都大田区工業振興展に出品し表彰される。
昭和29年
  • 小型ネジ切り機(パイプマシン)試作完成、量産に乗り出す。
  • 躍進日本機械工業大展覧会に出品し感謝状を受ける。
昭和31年
  • 大阪国際見本市に出品し、優秀輸出製品賞を受賞。
昭和32年
  • 生産増大と機構改革のため、東京都大田区西六郷へ移転。
  • (株)小倉チャック製作所設立。
昭和34年
  • 大阪営業所開設。
昭和36年
  • 神奈川県藤沢市長後に組み立て専門工場として、長後製作所設立。
  • 東京都優良発明展に出品し、都知事より表彰を受ける。
昭和37年
  • 貿易自由化の時代背景の下で、販売部門を独立させ、オグラ販売(株)設立。
  • 小倉チャック製作所は神奈川県藤沢市へ移転し、長後製作所を吸収合併。
昭和38年
  • 仙台、名古屋、福岡出張所を開設。
昭和41年
  • 札幌駐在所開設。
  • 米国の配管工具最大手メーカーであるRidgid社と販売代理契約締結。
  • 神奈川県工業展に出品し、市長賞を受賞。
昭和44年
  • 当社製品50R型がメンテナンスショーにて1968年PM優秀賞を受賞。
  • 同製品が、東京都中小企業優秀輸出商品に選定される。
昭和45年
  • 同製品が、神奈川県輸出商品奨励賞を受賞。
  • 市川、広島営業所開設。
昭和46年
  • 「質に挑戦!」のスローガンを掲げ、夢のポータブル・パイプマシン 32mini が完成。
  • 札幌営業所開設。
昭和47年
  • オグラ・キャラバンカー全国キャンペーンを展開。
  • 欧州最大の配管工具メーカーであるVirax 社と欧州全域を筆頭に、世界各地への製品供給契約を締結し、その後総計1万台を超える販売を達成。
  • 販売会社を(株)オグラへ社名変更。
昭和49年
  • 創業者、小倉重蔵が永年の特許製品開発と国産初のパイプマシン開発〜製造による産業界への寄与を評価され、科学技術庁より黄綬褒章を授与される。
昭和50年
  • 独自の構造による鉄筋切断機BC-19 およびBC-25 を発売。
  • 通商産業省より永続企業顕彰を受ける。
昭和51年
  • 独自の構造による鉄筋曲げ機BB-19 およびBB-25 を発売。
昭和53年
  • 電磁クラッチ採用による、鉄筋ベンダーMB-19 およびMB-25 を発売し、大好評を得る。
昭和55年
  • 電動油圧式鉄筋カッター HBC-13 およびHBC-19 を発売し、高い品質により大好評を得る。
  • 超小型パイプマシンとして25型を発売。
昭和57年
  • 電動油圧式鉄筋カッターシリーズ HBC-16およびHBC-25 を発売し、さらに現場加工の省力化の要求にこたえる様々な鉄筋加工機を開発し、豊富なバリエーションでプロユーザーの評価を獲得する。
  • 電動油圧式パンチャーシリーズを発売。
昭和58年
  • 合理化政策の一環として製販合併し、神奈川県海老名市へ移転後、「株式会社 オグラ」と社名統一。
昭和63年
  • 創業60周年を記念行事にて祝う。
  • 大宮営業所開設。
  • 米国MQ社と鉄筋加工機シリーズの全米販売代理店契約締結。
平成 2年
  • 米国HMI社と鋼材加工機シリーズの全米販売代理店契約締結。
平成 3年
  • 福岡県三井郡大刀洗町に第二工場として(株)九州オグラ設立開業。
平成 9年
  • コードレスモータと小型油圧構造を利用した特殊機器製品の開発により、非建設・土木分野への展開を積極的に始動させる。
平成10年
  • 昭和3年創業から70周年を迎える。
平成12年
  • 米国HMI社製ポータブルマグドリルを日本で発売し、橋梁工事などの鉄鋼ファブリケーターユーザに大好評。
平成13年
  • 当社鉄筋切断機HCC-19が、軽量小型の機動性を評価され、米国同時多発テロ事件直後にニューヨーク市消防局からの緊急出荷要請に即応、救助活動に貢献する。
平成15年
  • 創業より75年を迎える。
株式会社オグラ